「ACADEMIC THEATER」開設1周年 1,328,048人が利用!文理融合の学術拠点
学校法人近畿大学

2018年4月16日 14時30分
1/4ページ

アカデミックシアター全景
拡大



近畿大学「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」(大阪府東大阪市)は、平成29年(2017年)4月にオープンし、開設から1年が経過しました。学生や教職員のみならず、卒業生、企業、地域住民、更には留学生といった様々な人々と協働する空間として活用され、これまで1,328,048人が利用しました。1年間の活動実績を紹介します。なお、人数は延べ人数で表記しています。

【本件のポイント】
●平成29年(2017年)4月にオープンし、1年間で1,328,048人が利用
●独自分類「近大INDEX」を導入することで、図書の貸出冊数が前年度比約1.6倍に増加(中央図書館の書籍を含む)
●30を超えるプロジェクト、80を超える関連イベントが実施され、学部を超えた横断的な教育が実現
●座席予約システムを導入した24時間自習室は、1年間で64,744人の学生が利用

【本件の概要】
近畿大学東大阪キャンパス「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」は、文理融合の学術拠点として平成29年(2017年)4月に誕生しました。「ACT(アクト)」と呼ばれるガラス張りのプロジェクトスペースは42室あり、学部を超えた横断的な取組みや、地域、企業とのコラボレーションによる実践的な教育が行われています。
図書スペース「BIBLIOTHEATER(ビブリオシアター)」は、編集工学研究所所長の松岡正剛氏をスーパーバイザーとして迎え、独自分類「近大INDEX」を導入し、自分では思いもよらなかった本との出会いを演出するよう工夫され、図書の貸出冊数の向上に寄与しています。



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

ACADEMIC THEATER, アカデミックシアター, ACT, 活動実績, 紹介, BIBLIOTHEATER, 近大INDEX, ビブリオシアター, 実学, プロジェクト

カテゴリ
調査・報告
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

東大阪市×近畿大学文芸学部で、ものづくりのまちをPR 東大阪で生まれた部品をモチーフにLINEスタンプを制作

「薬用植物園」にてカメラ撮影教室を初開催 プロ写真家の太田眞氏を講師に招聘

茅葺き屋根の葺き替えワークショップ 建築学科の学生が挑む「かやぶき古民家保存・再生プロジェクト」


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.