パナソニックがコンパクトデザインと迫力のサウンドを両立したシアターバー 2機種を発売
パナソニックグループ

2018年4月10日 11時00分
1/2ページ

シアターバー「SC-HTB250-K(ブラック)」
拡大
>>



パナソニック株式会社は、コンパクトデザインながら迫力あるサウンドが楽しめるシアターバー「SC-HTB250」と「SC-HTB200」を、2018年5月18日(金)より発売します。

本製品は高さ5.1cmの低背設計のため、テレビの足元に置いても視聴の妨げにならず、省スペースで設置しやすい小型のデザインです。また、キャビネットを台形型にすることで定在波の反射を抑え、共振を低減しています。

さらに新搭載のダイナミックエアロポートにより、自宅でも気軽に臨場感のある低音サウンドを楽しめます。
またHDMI(※1)での接続によりテレビに連動し、リモコン1つで電源のオン、オフや音量の調整が簡単に操作できます。
「SC-HTB250」は、縦置きでも横置きでも設置できるワイヤレスのサブウーハー採用により、配線不要(※2)で120Wの大迫力サウンドを楽しむことができ、「SC-HTB200」は、コンパクトながら80Wの最大音声出力を実現しています。

パナソニックは、映画、スポーツ、音楽などを自宅でゆっくりと迫力サウンドで楽しめる本製品を、幅広いユーザーに向け提案していきます。

【品番】
SC-HTB250-K(ブラック) ワイヤレスサブウーハー付
SC-HTB200-K(ブラック)
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【発売日】2018年5月18日(金)

■主な特長
1. 小型ながら迫力のサウンドを実現
2. HDMI-CEC(※1)に対応し、TVのリモコン1つでかんたんに操作可能
3. ワイヤレスサブウーハー採用により迫力の重低音を実現(SC-HTB250)

製品について詳しくはこちら:
▼SC-HTB250-K(ブラック) ワイヤレスサブウーハー付
panasonic.jp



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

家電(個人向け商品), 新製品・サービス, シアターバー, ビエラ, VIERA, 音響, サウンド, ワイヤレス, HDMI, オーディオ

カテゴリ
製品技術・開発
業種
サービス業製造・メーカー
この企業の新着リリース

京都のデザイン拠点「Panasonic Design Kyoto」でオープンイノベーションを加速

パナソニックが「Academia」活動をスタート〜主に大学生のキャリア観の醸成機会を年間1,000人に提供〜

創業100周年を機に社会貢献活動として「無電化ソリューションプロジェクト」を開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.