パナソニックとAZAPAが車載事業の開発強化に向けて資本業務提携
パナソニックグループ

2018年4月10日 14時40分
1/2ページ



パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)とAZAPA株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長&CEO:近藤康弘、以下、AZAPA)は、これまで、小型EV向け電動パワートレインの開発で培ってきたモデルベース開発(※1)における協業関係を更に深化・拡大させるために資本業務提携いたしました。

近年の自動車開発では、電動化への対応や先進運転支援システム(ADAS)の搭載など高機能化と多機能化が求められています。車両全体の性能最適化を実現する為には、複数のシステムを相互に協調・制御することが必要で、設計・性能評価のプロセスは以前にも増して複雑化してきています。そのため、試作を繰り返す従来の設計・性能評価では開発工数が肥大化し、試作をシミュレーションに置き換えるモデルベース開発の活用が非常に重要となっています。

パナソニックとAZAPAは、仕様検討段階からモデルベース技術を活用し、設計の完成度を高め、後工程での手戻り削減・車載システムの性能向上に取り組んでいます。両社は、2015年より小型EV向け電動パワートレイン開発で協業しており、モデルベース開発導入によって高い性能を確保しつつ、開発期間短縮を実現しました。今回の資本業務提携により中長期的なビジョンを共有し、開発に共に取り組むことで、電動パワートレイン分野の協業深化に加え、協業範囲をコックピットやADASの分野にまで拡大し、ドライバーや同乗者の状態を検知し快適なドライブを提供する車室内空間や、高度な運転者支援を実現する先進機能の開発を加速していきます。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

車載関連, プレスリリース, モデルベース開発, AZAPA, 自動車, EV, 電動化, 運転者支援, コックピット, 業務提携

カテゴリ
企業動向技術・開発
業種
サービス業製造・メーカー
この企業の新着リリース

京都のデザイン拠点「Panasonic Design Kyoto」でオープンイノベーションを加速

パナソニックが「Academia」活動をスタート〜主に大学生のキャリア観の醸成機会を年間1,000人に提供〜

創業100周年を機に社会貢献活動として「無電化ソリューションプロジェクト」を開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.