日本ユニシスと日立、金融機関の基幹システムの本番運用環境において、AIを活用した運用自動化に関する共同検証を開始[日立]
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)

2018年4月10日 17時00分
1/2ページ

複雑な判断が必要なオペレータの非定型業務の機械学習適用イメージ
拡大



〜事前検証において、エンジニアの呼び出し要否判断の自動化を検証した結果、オペレーターと同じ判断結果を出すことに成功〜

日本ユニシス株式会社(以下、日本ユニシス)と株式会社日立製作所(以下、日立)は、システム運用において複雑かつ高度な判断が求められる非定型業務の自動化に向け、日本ユニシスが運用する金融機関の基幹システムの本番運用環境上で、AIを活用した共同検証を2018年4月より開始しました。本検証では、システムの警告メッセージが発生した際にオペレーターがエンジニアを呼び出すか否かを、OSSをベースとした機械学習技術を用いて自動判断する検証を行うとともに、障害予兆検知の自動化に関する検証を合わせて実施します。

これに先立ち実施した事前検証では、3ヶ月分の運用データを利用し、ハードウェアやミドルウェアなどによって構成されるプラットフォーム層で検証した結果、エンジニアの呼び出し要否判断について、オペレーターの判断実績と同じ結果を出すことに成功しました。今回の本番環境での検証では、監視範囲をアプリケーション層まで広げ、より複雑な判断の自動化を検証するほか、障害予兆の検知から対処方法の提示までを自動化する検証も実施します。将来的に、本検証で得た成果は両社のサービスにそれぞれ適用し、幅広い分野での活用をめざします。

▼ニュースリリースはこちら
www.hitachi.co.jp

▼日立統合システム運用管理「JP1」および「IT運用最適化サービス」に関するホームページはこちら



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

運用管理, JP1, AI, 自動化, 機械学習, 人工知能, 非定型業務, 障害予兆検知, 基幹システム, 本番環境

カテゴリ
技術・開発サービス
業種
IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

【特集】人工知能 〜リアルな業務現場で使える、現実解としてのAIソリューション〜 [日立]

NTT西日本、日立が長崎県五島市にICTを活用した鳥獣害対策システムを導入[日立]

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の市場動向とメリット【IDCコラム】[日立]


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.