Fujisawa SSTとドコモが社会課題解決型「IoTでつながる街づくり」の実証検証を開始〜第一弾:IoTによる宅配ボックス向けサービス〜
パナソニックグループ

2018年3月28日 16時20分
1/4ページ

ドコモのセルラーIoTネットワーク「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービス(集荷のイメージ)
拡大
>>



Fujisawa SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、神奈川県藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン(以下、Fujisawa SST)」において、「まち親プロジェクト」(※1)の取り組みとして、IoTを活用したさまざまな実証検証を行います。その第一弾として、ドコモのセルラーIoTネットワーク(※2)「LTE-M」を活用した宅配ボックス向けサービスの実証検証を2018年4月1日(日)より開始します。本検証は、実際に「Fujisawa SST」(藤沢市辻堂6丁目)の28世帯の住民に参加いただき、2019年以降の商用化を目指しサービスの有用性の検証を行います。

本サービスは、戸建て向け宅配ボックスにセルラーIoT通信ユニット(※3)を取り付け、サービスアプリと組み合わせることで、宅配ボックスからの宅配事業者への集荷依頼を可能とした日本初のサービス(※4)です。また、荷物が配達・取り出し・集荷されたといった宅配ボックスの状態を、都度、利用する住人、および宅配事業者にお知らせするサービスです。

伝票を貼った荷物を宅配ボックスに入れ、通信ユニットに内蔵されたボタンを押すだけで、宅配事業者に集荷依頼が通知され集荷が行われます。ネットオークションやフリマサイトへの出品、通販の返品サービスなど、家庭からの発送を伴うサービスが増えるなか、発送時の一手間を減らすことが利便性の向上につながると考えます。また、通販で購入し、心待ちにしていた荷物がボックスに届けられた際に届くお知らせメールは、荷物の取り出し忘れ防止にも効果があります。



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, その他 - テーマ別, スマートタウン, サスティナビリティ, 藤沢, ドコモ, 宅配ボックス, LP`WA, 再配達, 受け取り

カテゴリ
サービス技術・開発企業動向
業種
物流・運輸サービス業不動産業
この企業の新着リリース

パナソニックが開発したマルチホップ「HD-PLC」が、台湾電力のスマートメータ通信方式に採用

自分好みの焙煎ができる「The Roast Expertサービス」(ベータ版)が体験できる〜スペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2018」に出展

自治体や大学と連携して、地域の魅力を伝える動画祭「LUMIX MOVIE FESTIVAL」を開催【LUMIX CLUB PicMate】


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.