パナソニックがWWFジャパンと「サステナブル・シーフード」の普及をサポート〜SDGsの達成貢献に向けた「新」提案を実施〜
パナソニックグループ

2018年3月26日 11時10分
1/3ページ

パナソニック本社食堂に「サステナブル・シーフード」を導入
拡大
>>



パナソニック株式会社は2018年3月から、本社を含む2拠点の社員食堂で、MSC及びASC認証(※1)を取得した持続可能な水産物(サステナブル・シーフード)を導入します。

「サステナブル・シーフード」とは、持続可能な生産(漁獲・養殖)に加え、加工・流通・販売過程における管理やトレーサビリティの確保について認証を取得しているシーフードのことです。2012年のロンドンオリンピックを契機に市場が拡大し、2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会で消費する水産物をサステナブルにする動きに世界中から大きな関心が寄せられています。

日本国内に本社をおく企業が社員食堂で「サステナブル・シーフード」を継続的に提供するのは国内では初めて(※2)となり、パナソニックでは順次、この「サステナブル・シーフード」導入拠点を増やし、2020年には国内全ての社員食堂での導入を目指しています。

パナソニックは約20年にわたって、公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)との協働を通じて「海の豊かさを守る活動」(※3)を行ってきました。このたびの導入を、より多くの企業が「サステナブル・シーフード」の取り組みを推進するきっかけとしていただくため、2018年3月22日(木)、WWFジャパンと「サステナブル・シーフード導入説明会」を開催。説明会後、「サステナブル・シーフード」を用いたメニュー「びんちょう鮪&かつおの漬けと帆立貝柱の丼ぶり」の提供を行いました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

その他 - 事業分野別, CSR・環境, 社会貢献, WWFジャパン, 社食, サスティナブル, 持続可能, 資源, 食材, 食堂

カテゴリ
CSR
業種
製造・メーカーサービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

自分好みの焙煎ができる「The Roast Expertサービス」(ベータ版)が体験できる〜スペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2018」に出展

自治体や大学と連携して、地域の魅力を伝える動画祭「LUMIX MOVIE FESTIVAL」を開催【LUMIX CLUB PicMate】

カーバッテリー「caos(カオス)」シリーズをリニューアル発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.