ツネイシホールディングス 交通安全意識向上を目指し、「トライ・ザ・セーフティ in ひろしま 2017」へ参加
ツネイシホールディングス株式会社

2018年3月23日 17時30分
1/2ページ

授与された表彰状(チーム名:ツネイシパイレーツ)
拡大
>>



 ツネイシホールディングス株式会社(本社:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:神原宏達、以下「THD」)は、従業員の交通安全意識と交通マナーの向上を目指して、交通安全に関する啓発活動の一環として、総務部が中心となってチームを編成し、2017年7月4日から11月30日の期間で、「トライ・ザ・セーフティ in ひろしま 2017」に参加し、150日間無事故無違反を達成しました。

 「トライ・ザ・セーフティ in ひろしま」は、日ごろ自動車等(四輪車・二輪車・原付)を運転しているメンバー5人でチームを編成し、150日間無事故・無違反にチャレンジするという運転者対象の交通安全運動で、広島県交通安全協会が毎年実施しているものです。

● THDの安全運転管理者 池田靖敏課長のコメント
150日間という短い期間の取り組みではありましたが、こういった交通安全に関わる活動に参加しているというだけでも、普段忘れがちな交通安全の意識を高めることができると思い、2016年に続き2017年も参加しました。これからも、こういった活動等に参加することでさらに交通安全の意識を高め、啓発活動に努めていきたいと思います。

 THDは従業員への交通安全意識の向上と浸透を図り,交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実践を習慣付けるため、引き続き安全運転実践活動を促進していきます。

■ツネイシホールディングス株式会社
www.tsuneishi-hd.com



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

ツネイシホールディングス, ライ・ザ・セーフティ in ひろしま 2017, 交通安全, 無事故, 交通ルールの遵守, 常石造船, 無違反, 表彰状, 交通安全のマナー

カテゴリ
CSR
業種
物流・運輸
この企業の新着リリース

<常石グループ 2017年度 連結業績報告> 市況回復で造船海運事業はボトムを脱し回復の兆し、各セグメントも安定成長の一年

ツネイシブルーパイレーツ、“第47回JABA四国大会”と“第61回 JABA岡山大会”に出場、惜しくも予選敗退

Sea Japan 2018に常石グループから4社出展しました


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.