パナソニックが「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」で、パラスポーツ観戦ソリューションと情報配信サービスの実証実験を実施
パナソニックグループ

2018年3月20日 13時00分
2/3ページ

ブラインドサッカー イメージ(写真提供:日本ブラインドサッカー協会)
拡大
>>

(2)配電地上機器を活用した情報配信サービス
NPO法人 日本ブラインドサッカー協会、東京電力パワーグリッド株式会社、東電タウンプランニング株式会社と協力し、品川区の協力のもと、競技場周辺の天王洲エリアの配電地上機器(8台)を活用した情報配信を実施します。配電地上機器の正面に「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」のポスターを掲示するほか、LED表示装置付のタイプでは、省電力広域無線通信技術「LPWA」(※3)を活用し、試合状況など大会のさまざまな情報をリアルタイムに表示します。LED表示に必要な電源は、配電地上機器上面に設置した太陽光シートと蓄電池によって自給します。
※3 Low Power Wide Areaの略称で、消費電力を抑えて遠距離通信が可能な通信方式

パナソニックは、競技場内における映像関連設備の納入や観戦ソリューションに加え、パラスポーツの認知向上と集客に寄与し、競技場内外エリア向けソリューションを引き続き提案・提供していきます。

【「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」概要】
・実施期間:2018年3月21日(水・祝)〜2018年3月25日(日)
・開催場所:品川区立天王洲公園
・住所:東京都品川区東品川2-6-23

<関連情報>
・マルチ動画配信システム(VOGO Sport)について
is-c.panasonic.co.jp

・パナソニックが「かわさきパラムーブメント」と連携し、スポーツ施設の快適環境を創出〜川崎市とどろきアリーナに「Theシャワー」を設置(2018年3月13日)
news.panasonic.com



続きを読む(2/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, その他 - 事業分野別, イベント・キャンペーン, オリンピック, ワールドグランプリ 2018, ブラインドサッカー, 観戦支援, VOGO, 視覚障がい, パラリンピック

カテゴリ
告知・募集サービスCSR
業種
サービス業
この企業の新着リリース

「パナソニック パンサーズ」と「ひらかたパーク」がホームタウン枚方(ひらかた)でコラボイベント開催

レッツノートあんどコネクト付きモデル販売開始

パナソニックが業界最大容量 導電性高分子ハイブリッドアルミ電解コンデンサ ZKUシリーズを製品化 〜2019年8月から量産開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.