パナソニックが「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」で、パラスポーツ観戦ソリューションと情報配信サービスの実証実験を実施
パナソニックグループ

2018年3月20日 13時00分
1/3ページ

ブラインドサッカー イメージ(写真提供:日本ブラインドサッカー協会)
拡大
>>



パナソニックグループ(パナソニック株式会社、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社、パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社、以下、パナソニック)は、2018年3月21日(水・祝)〜25日(日)に東京・品川区立天王洲公園で開催される「IBSA(※1) ブラインドサッカーワールドグランプリ 2018」において、(1)多視点映像で観戦を楽しめる「スポーツ観戦ソリューション」と、(2)配電地上機器(※2)を活用した情報配信サービスの実証実験を実施します。
※1 国際視覚障害者スポーツ連盟
※2 電線網の地中化に伴って、電柱に設置した変圧器や開閉器を地上のボックスに納めた電気設備

「IBSA ブラインドサッカーワールドグランプリ」は、IBSA公認の大会で、今回がその第1回となります。本大会で、パナソニックは競技場におけるパラスポーツ観戦をより楽しめるサービスを提供し、競技場周辺における関連情報配信サービスの有用性や、動作・パフォーマンスを評価、検証します。

(1)スポーツ観戦ソリューション
多視点からのカメラアングルで撮影された映像を、音声とともにスマートフォンやタブレット端末に配信する「マルチ動画配信システム」(VOGO Sport)を導入。会場で観戦している観客が自分の好きなアングルの映像を楽しめるほか、今回は会場外にも配信エリアを広げ、大会スタッフやボランティアが場内の状況を確認するツールとしても活用します。配信画面上部にはスポンサーロゴを表示させ、広告効果の検証も行います。また、ピッチ横には200インチLEDビジョンを設置し、さらに試合を盛り上げます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, その他 - 事業分野別, イベント・キャンペーン, オリンピック, ワールドグランプリ 2018, ブラインドサッカー, 観戦支援, VOGO, 視覚障がい, パラリンピック

カテゴリ
告知・募集サービスCSR
業種
サービス業
この企業の新着リリース

掃除機ゴミ検知用センサー搭載30周年〜「クリーンセンサー」へ名称変更

積水樹脂とパナソニックが暑さ対策システムの共同開発に合意

屋外用ミスト式冷却機「グリーンエアコン」を製品化


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.