「京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト」再配達率が43%から15%に減少
パナソニックグループ

2018年3月19日 11時40分
1/3ページ

アパートに設置された宅配ボックス
拡大
>>



京都市、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)、京都産業大学等は、2017年11月から2018年1月までの3か月間にわたって宅配ボックスの実証実験「京(みやこ)の再配達を減らそうプロジェクト」を実施しました。その結果、アパートでの再配達率が43%から15%に減少(※1)しました。

実証実験では、パナソニック製のアパート用宅配ボックス『COMBO-Maison(コンボ-メゾン)』合計39台を京都市内5か所のアパート(合計106世帯)に設置するとともに、京都産業大学キャンパス内にも公共用の宅配ボックスを設置しました。

アパートでは、3か所(66世帯)で7日間/月×3回の出口調査と、11名の利用者へのアンケートによる利用実態を確認し、再配達抑制効果などを調査したところ、再配達が43%から15%に減少し、二酸化炭素排出量の削減や宅配事業者の業務時間削減につながることが分かりました。
また、大学に設置した公共用宅配ボックスは、51名のモニターのうち29名が利用し、うち12名へのアンケートなどにより、利用実態やニーズを把握しました。実証実験期間中、112個の利用実績があり、キャンパス内の宅配ボックスが自宅以外で荷物を受け取る選択肢になり得ることが把握できました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, CO2削減, 京都市, 実証実験, 京都産業大学, 宅配便, 宅配ボックス, 再配達削減, 労働削減

カテゴリ
調査・報告製品CSR
業種
不動産業建設業物流・運輸
この企業の新着リリース

パナソニックが早稲田大学恩藏ゼミと協働でマーケティングプロジェクトを立ち上げ

【パナソニック KWNグローバルコンテスト2018】各国/地域のNo.1作品が決定、代表約100名が7月に東京集結

エチケットカッター ER-GN70を発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.