高齢者施設・住宅向けユニットバス「アクアハートa-U」を拡充
パナソニックグループ

2018年3月16日 18時30分
1/3ページ

アクアハートa-U 浴室「2024サイズ」浴槽「W1200サイズ」
拡大
>>



パナソニック エイジフリー株式会社(以下、パナソニック エイジフリー)は、高齢者施設・住宅向けの水まわり設備「アクアハート」シリーズの品種を拡充し、2018年4月10日より順次発売します。

ユニットバス「アクアハートa-U」は、2つの排水口で排水時間を大幅に短縮(※1)できるWスピード排水や、出入りのスムーズな浴槽に加え、浴室の入口レールと浴室床の段差が0 mm、脱衣室床との高低差が3 mm(※2)のバリアフリー設計で好評を得ています。

今回、新たにラインアップした浴室「2024サイズ(約1.75坪)」は、車いすが浴室内を移動しやすいように、洗い場に直径1600 mmの回転スペースを確保し、浴槽の両側に入浴介助ができるスペースを設けました。また、オプションの大型浴槽「W1600サイズ」は、従来製品(※3)に対し、縦幅を400 mm長くした身体の大きな方が広々と快適に使える浴槽サイズで、120 mmの段差部は、心臓への負担を軽減したい方の半身浴スペースや、退浴時の立ちくらみ防止のための退避スペースとして使えます。
さらに、介護度が進行し、姿勢の保持が難しい方のリフト入浴に対応した後付けリフト(※4)を設置できる浴槽設計となっています。(※5)

パナソニック エイジフリーは今後も、利用者が自立しながら安心して快適に使用でき、介助者の負担も軽減できるような製品を提供することで、健やかで心豊かな暮らしに貢献していきます。

<特長>
1. 車いすの入浴介助がしやすい「2024サイズ」の浴室を新たにラインアップ
2. さまざまな体格や身体状況の方が快適に入浴できる大型浴槽をラインアップ



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, バス, お風呂, 介護, 車いす, リフト, 半身浴, 新商品, 高齢者施設

カテゴリ
製品技術・開発
業種
サービス業建設業不動産業
この企業の新着リリース

パナソニックが開発したマルチホップ「HD-PLC」が、台湾電力のスマートメータ通信方式に採用

自分好みの焙煎ができる「The Roast Expertサービス」(ベータ版)が体験できる〜スペシャルティコーヒーイベント「SCAJ2018」に出展

自治体や大学と連携して、地域の魅力を伝える動画祭「LUMIX MOVIE FESTIVAL」を開催【LUMIX CLUB PicMate】


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.