常石鉄工 工場騒音をテーマにコンプライアンスセミナーを開催
常石鉄工株式会社

2018年3月9日 13時00分
1/2ページ

2カ月に1度開催される常石鉄工のコンプライアンスセミナー
拡大
>>



 常石鉄工株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:岡本章)は2月28日(水)、工場騒音の規制をテーマに管理職向けのコンプライアンスセミナーをツネイシホールディングス株式会社と協同で開催しました。本社事業部、草深事業部から20人が参加し、TV会議システムを通じて福岡県の若松スティール工場の管理職も受講しました。

 セミナーでは、全国および福山市における騒音の状況を把握したうえで、法律で定められている騒音規制の基準値を再確認しました。また、常石鉄工の事務所や工場の近隣で音の大きさ(デシベル)を計測した調査結果が報告され、実際に発生している音のレベルを共有しました。さらに、騒音は「感覚公害」と呼ばれており、単に法律で定められている騒音規制を順守するだけでなく、近隣住民とのコミュニケーションが重要であり、夜間等にやむを得ず工場を稼動する場合には事前に説明や協力依頼をするなどして、近隣住民と良好な関係を築くことが大切だと説明がありました。

 参加者からは「夜間に扉や窓の開閉状況を確認するなど、近隣への気遣いの重要性をさらに理解した」「騒音だけでなく、周辺に不快感を与える要素を減らさなければならない」といった感想が寄せられました。

 常石鉄工では、2カ月に1度のペースでセミナーを実施し、社員のコンプライアンス意識の向上を図っています。


〈常石鉄工株式会社〉



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

常石鉄工, CSR, コンプライアンス, 舶用, 鋳鋼, 自動溶接, 環境, 騒音

カテゴリ
CSR
業種
製造・メーカー
この企業の新着リリース

常石鉄工 「福山・府中 U・Iターン 合同企業説明会」に参加

常石鉄工 事業継続マネジメント(BCM)による緊急危機対策本部の研修訓練を実施

常石鉄工 次世代リーダーを育む社内研修を実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.