LED非常用照明器具 電源別置型 品ぞろえを拡充
パナソニックグループ

2018年3月8日 14時30分
1/2ページ

LED非常用照明器具 埋込型Ф100高照度タイプ
拡大
>>



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、建設省告示第1830号(※1)改正による業界初(※2)のLED化を実現したLED非常用照明器具 電源別置型の品ぞろえを拡充し、新たに5品番を2018年4月1日より順次発売します。

パナソニックは2019年3月末に、既存光源であるミニクリプトン電球とハロゲン電球の電源別置型非常用照明器具17品番(蛍光灯を含む)の生産を終了します。これに伴い、建設省告示第1830号改正に対応した電源別置型LED非常用照明器具(埋込型2品番)を2018年2月に業界で初めて発売しました。今回、さらにLED非常用照明器具 電源別置型5品番(埋込型 高照度タイプ、直付型、iDシリーズ 同断面)を拡充、合計7品番の品ぞろえとなります。

新製品はすべてにLED光源を採用。直付型の場合は従来のハロゲン電球器具と比較し、消費電力の容量が45Wが約6.6Wに下がるなど約1/6(※3)に抑えることができます。新築設計では別置蓄電池容量を削減できるため、予備電源設備のスペースも抑えることができます。

また一体型LEDベースライト iDシリーズ 同断面 電源別置型は、従来のミニクリプトン電球を搭載したベースライト型器具と比較(※4)し、電球がなくなることによりすっきりとした空間演出が可能となります。さらに光学レンズの採用により反射板が不要となり、意匠性が向上し、空間内での目立ちにくさを実現しました。

パナソニックは、LED非常用照明器具 電源別置型により、ビル全体のオールLED化を推進すると共に、いざという時の安全・安心に貢献していきます。

<特長>



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

企業・法人向けソリューション, プレスリリース, LED非常灯, オールLED化, 電源別置型, 安全・安心, 省電力, 省スペース, 光学レンズ, 新商品

カテゴリ
製品技術・開発
業種
製造・メーカー建設業電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

シームレス建築部材照明器具「C-Slim S(電源別置タイプ)」を発売

4Kチューナー「TU-BUHD100」録画対応バージョンアップ延期のお知らせ

「大切な自然・生きもの」をテーマにした「第13回環境絵画コンクール」の優秀作品が決定【パナソニック エコシステムズ】


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.