宅配ボックスと関連製品の品種を拡充
パナソニックグループ

2018年3月2日 14時30分
1/3ページ

エントランスポール「Archi Frame(アーキフレーム)」Fタイプ LED表札灯付 組合せイメージ
拡大
>>



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、宅配便の再配達の削減に貢献する宅配ボックスおよび、関連製品の品種を拡充し、2018年4月2日より発売します。今回拡充する製品は、宅配ボックスやポストなどを戸建の外構にすっきり設置できる機能門柱、複数世帯で使用できるアパート用宅配ボックスの大型サイズ、後付け用の施工部材の3品種です。

宅配ボックスの市場は、ネット通販や共働きの増加などにより需要が拡大しており、パナソニックの販売台数も2017年度は前年度比約5倍近くになる見込みです。今回拡充する製品は、増加する新築戸建ニーズ、および、アパートでの後付けニーズに対応しました。

エントランスポール「Archi Frame(アーキフレーム)Fタイプ LED表札灯付」は、カメラ付ドアホン、表札、ポスト、宅配ボックスをすっきりと設置できる、シンプルなデザインのフレームです。新築時にポストなどと一緒に宅配ボックスを設置したいというニーズが増加しているため、建築由来の4色を追加するなど品ぞろえを強化しました。アパート用宅配ボックス「COMBO-Maison(コンボ-メゾン)」は、より大きな荷物を受け取りたいというニーズに応え、従来のコンパクトタイプ、ハーフタイプに加え、ミドルタイプを追加しました。また、既設アパートや戸建住宅に施工しやすいあと施工用の金具とポールのセット部材も発売します。

パナソニックは、宅配ボックスをポストのような一家に1台の製品に定着させることを見据え、今後もさらに品ぞろえを強化します。

【品名】エントランスポール「Archi Frame(アーキフレーム)」



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, 新商品, 宅配ボックス, 戸建て住宅, アパート, ネット通販, ポスト, 再配達削減, 機能門柱

カテゴリ
製品技術・開発
業種
不動産業建設業物流・運輸
この企業の新着リリース

積水樹脂とパナソニックが暑さ対策システムの共同開発に合意

屋外用ミスト式冷却機「グリーンエアコン」を製品化

7月より『パークナードテラス 桜区大久保』分譲開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.