旨みの強いゼブラ柄のトマトを開発 近畿大学農学部×ナント種苗の共同研究による新品種「AMAZON」
学校法人近畿大学

2018年2月19日 14時00分
1/3ページ

新品種トマト「AMAZON」
拡大



近畿大学農学部(奈良県奈良市)応用生命化学科准教授の森本正則を中心とする研究チームとナント種苗株式会社(奈良県橿原市)が共同研究で開発した、通常のトマトよりも旨みの強いゼブラ柄の中玉トマト「AMAZON」の種子を、平成30年(2018年)2月26日(月)に発売します。

【本件のポイント】
●近畿大学とナント種苗株式会社の共同研究により、新品種の中玉トマトを開発
●ゼブラ柄が特徴的なトマトで、家庭菜園での栽培に適する
●グルタミン酸、アスパラギン酸の含量が高く、旨味が強く感じられる

【本件の概要】
本学農学部応用生命化学科准教授の森本正則を中心とした研究チームは、ナント種苗株式会社との共同研究によって、ゼブラ柄の新品種中玉トマト「AMAZON」を開発し、各種苗店にて種子の販売を開始します。
AMAZONは、一般的なトマトと異なるゼブラ柄の珍しい果皮色が特徴的で、家庭菜園での栽培や農産物直売所での流通に適した品種です。森本らによる成分分析により、一般的な中玉品種と比較して、旨み物質であるグルタミン酸およびアスパラギン酸の含量が高く、旨みを強く感じることができる食味の良い品種であることが確認されました。さらに、カロテノイドの1種であり、トマトの鮮やかな赤色の色素であるリコピンの含量も、一般的な中玉品種と比べて高いことが確認されました。

■商品名 :「ゼブラ柄中玉トマト AMAZON」
■発売日 :平成30年(2018年)2月26日(月)
■価  格:オープン価格
■販売方法:各種苗店にて、種子を販売
■お問合せ:ナント種苗株式会社 TEL(0744)22-3351

【トマトの栄養について】



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

農学部, ナント種苗株式会社, トマト, 新品種, AMAZON, ゼブラ柄, 森本正則, 種子, 販売, 開始

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業農業
この企業の新着リリース

大学祭「第52回梅華祭」開催 「第40回まつり菰田」と合同開催で地域と連携

福岡県警による暴力団排除教室 開催 薬物乱用防止の呼びかけも

商店街に「にぎわい」を!エリア拡大して行う第2弾 学生によるしんいいづか商店街デザイン実験


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.