肝がんの新規分子標的薬の有効性・安全性を実証 肝がん治療薬10年ぶりの承認へ道筋
学校法人近畿大学

2018年2月10日 08時30分
1/4ページ



近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)内科学教室(消化器内科部門)主任教授の工藤正俊らの研究グループが、肝細胞がん(肝がん)について20カ国154施設で実施した世界規模の臨床試験で、抗がん剤「レンバチニブメシル酸塩」(エーザイ株式会社、以下、レンバチニブ)の肝がんにおける生命予後向上について有効性・安全性を実証することに成功しました。
現状、肝がんに対して延命効果のある一次治療薬は1種類しかなく、「レンバチニブ」が承認されれば、約10年ぶりに肝がん患者にとって新しい選択肢が増えます。
本件に関する論文が、平成30年(2018年)2月10日(土)AM8:30(日本時間)に、医学・生命科学系国際学術誌の最高峰の一つである“The Lancet”のOnlineに掲載されました。

【本件のポイント】
●肝がんに対する有効な一次治療薬は1種類のみであったが、新規薬剤の有効性を証明
●肝がんの一次治療薬としては10年ぶりに成功した国際多施設共同臨床試験
●「レンバチニブ」が承認されれば、切除不能の肝細胞がん患者にとって大きな朗報

【本件の概要】
肝がんは、がん死亡原因としては世界で2番目に多く、我が国でも毎年約3万人が亡くなる極めて予後の悪いがんです。



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

医学部, レンバチニブ, 抗がん剤, , がん, 治療薬, 臨床試験, 証明, エーザイ株式会社, 工藤正俊

カテゴリ
調査・報告業績報告
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

農学部生がマーケティングプレゼン対決 産学連携で生まれた「金賞健康米」プレゼンコンペを開催

「課題解決型ビジコン 2018」 学生が協賛企業に実現可能性の高い解決アイデアを提案

近大マグロを使用した菓子製品「近大マグロせんべい」新発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.