【NEC】ボッチャ甲子園プロジェクト開催のお知らせ
日本電気株式会社

2018年2月8日 14時00分
1/2ページ



※本案内状は、日本ボッチャ協会、NECが共同で発信しております。

2018年2月8日

このたび、一般社団法人日本ボッチャ協会(東京都港区、代表理事:奥田邦晴)及び日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長兼CEO:新野 隆、以下NEC)は2月より第3回ボッチャ甲子園(仮)大会開催に向けて全国からの参加推進をねらい「ボッチャ甲子園プロジェクト」を実施いたします。
「ボッチャ甲子園プロジェクト」とは、特別支援学校におけるボッチャ競技の普及と大会参加推進を目的とした、競技体験を含む特別授業を実施する事業です。

今回は特別支援学校6校に日本ボッチャ協会から日本代表コーチを派遣した特別授業を実施するとともに、特別授業終了後は、NECから各校にボッチャボールセットを寄贈し、日頃からボッチャに触れられる機会を提供いたします。
各地域の障がい者スポーツ協会様にご尽力賜り、下記の日程で実施いたしますので是非、ご取材頂けましたら幸いです。

2月19日(月)13:00〜14:00 千葉県立銚子特別支援学校
2月23日(金)10:45〜11:45 新潟県立上越特別支援学校
2月27日(火) 9:40〜11:10 長野県立花田養護学校
2月28日(水)13:15〜14:15 長野県立稲荷山養護学校
2月28日(水)15:30〜16:30 大阪府立光陽特別支援学校
3月1日 (木)13:30〜14:30 山形県立ゆきわり養護学校

<ご取材について>
  下記へお問い合わせお願いいたします。

<本件に関するお問合せ先>
  一般社団法人日本ボッチャ協会 東京事務所  
  〒107-0052 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル4階
   (公財)日本財団パラリンピックサポートセンター内



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

NEC, 日本電気, 社会貢献

カテゴリ
CSR
業種
製造・メーカー
この企業の新着リリース

【NEC】顧客事例にみる止められないサーバの現実的な脆弱性対策とは 〜自社にとって重要度の高い脆弱性の選定と対策漏れをなくすポイント〜

【NEC】akkipa金谷氏登壇!シェアリングサービスを考える共創セミナー開催(8/28大阪)

【NEC】脆弱性放置の「野良サーバ」はありませんか? 〜顧客事例にみる現実的なサーバの脆弱性対策とは〜


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.