「統合報告の展望と課題」 経営イノベーション研究所「第18回研究報告会」
学校法人近畿大学

2018年1月19日 16時00分
1/3ページ



近畿大学経営イノベーション研究所(大阪府東大阪市)は、平成30年(2018年)1月26日(金)、東大阪キャンパスにて「第18回研究報告会」を開催します。

【本件のポイント】
●本学の研究成果を地域企業や一般の方に提供し、地域の活性化に貢献
●企業情報開示の新たな潮流である「統合報告」について解説
●学生は報告会を通じて企業情報開示の新たな方法を知る機会とする

【本件の概要】
近畿大学経営イノベーション研究所は、産業界と連携して経営イノベーションの実例を取り入れた教育・研究を行うとともに、東大阪の企業経営者や地域の方を対象に、最新のイノベーションについて学ぶ場を積極的に提供しています。
今回は、本学経営学部会計学科の准教授 戸田 統久(とだ もとひさ)が、「統合報告の展望と課題」と題して、企業情報開示の新たな潮流である「統合報告」について、その意義と内容および最新の事例について報告します。統合報告とは、財務報告書やサステナビリティ(持続可能性)報告書などの企業が外部に公表する様々な報告書を、ひとつの形式にまとめて報告するものです。

■日  時:平成30年(2018年)1月26日(金)15:00〜16:30
■会  場:近畿大学東大阪キャンパス 21号館8階会議室
      (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■対  象:企業・一般の方、本学学生・教職員(定員先着50人、入場無料、当日参加可)
■申込方法:氏名、年齢、参加希望人数を明記の上、下記メールにお申し込みください。
      E-mail:icmi@bus.kindai.ac.jp



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

経営イノベーション研究所, 研究, 報告会, 戸田 統久, 統合報告, 展望, 課題, 報告書, 地域, イノベーション

カテゴリ
告知・募集
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

科学研究会シンポジウムを開催 高大連携で科学の面白さを追求し、未来の理系人材を育成

学生が企業の課題解決をお手伝い 経営学部「価値創造デザインプロジェクト」成果報告会

シベリアチョウザメの飼育研究を公開 近大キャビア量産に向けて新魚種の飼育研究を開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.