常石造船 冬物衣類を寄贈したフィリピン人看護師・介護福祉士候補の方々から感謝状受け取る
常石造船株式会社

2017年12月28日 09時00分
1/2ページ

お礼の色紙
拡大
>>



 常石造船株式会社(所在地:広島県福山市沼隈町常石1083番地、代表取締役社長:河野健二)は、一般財団法人フィリピン協会からの依頼に賛同し、フィリピン人看護師・介護福祉士候補の方々へ冬物衣類を寄贈し、感謝状を受け取りました。

 フィリピン人看護師・介護福祉士候補者は、日・フィリピン経済連携協定(2008年発効)に基づき2009年から日本が受け入れを実施しているもので、これまでに1,906人(看護師候補者506人、介護福祉士候補者400人 平成29年度現在、厚生労働省HPより)のフィリピンの方々が来日しています。来日後は6ヶ月間の日本語研修等を経て、全国の病院や介護施設で就労・研修を行いながら、看護師は3年以内、介護福祉士は4年以内での資格取得を目指します。

 常石造船は一般財団法人フィリピン協会からの依頼に賛同し、今年4月から5月にかけて常石グループ各社に呼びかけダンボール箱計33個分の冬物衣類を収集し、10月に協会を通じて関西、横浜で研修を行っているフィリピン人看護師・介護福祉士候補の方々に寄贈しました。

 常石グループへ感謝状として届いた手紙や色紙には「手間と時間をかけて服を集めてくださり、ありがとうございます」「冬は初めて経験するのでありがたいです」「これから皆、全国の病院へ分かれて実習に挑みますが、どこへ行っても頑張ります」といった感謝の気持ちや資格取得を目指す決意が書かれており、笑顔で冬服を着ている写真も添えられていました。



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

常石造船, ツネイシ, CSR, フィリピン

カテゴリ
CSR
業種
製造・メーカー
この企業の新着リリース

常石造船が米国カーネギーメロン大学と共同研究の成果報告会を開催 〜造船の未来に先端ロボットを〜

創業100周年記念書籍 『海庭浪漫』  ― 瀬戸内文化の魅力や価値を美しいビジュアルと有識者の深い考察で描き出す ―

常石造船 2018年7月6日、8万トン級バルカーの進水式を一般公開


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.