テクノストラクチャー専用のトラス系屋根フレーム構造「テクノビームトラス」を開発
パナソニックグループ

2017年12月25日 11時40分
1/3ページ

テクノストラクチャー専用のトラス系屋根フレーム構造「テクノビームトラス」
拡大
>>



パナソニックESテクノストラクチャー株式会社(以下、パナソニックESテクノストラクチャー)は、非住宅分野での設計対応力向上のため、テクノストラクチャー工法専用のトラス系屋根フレーム構造(※1)「テクノビームトラス」を新たに開発し、2018年1月5日より設計対応を開始します。これにより平屋の最大スパンが従来の10 mから15 m(※2)に伸び、商業施設などで、中間に柱のない、より見通しの良い大空間の実現が可能になります。

耐震性に優れた木造工法「テクノストラクチャー」は、独自の木と鉄の複合梁「テクノビーム」と高度な構造計算により、従来の木造建築では実現することの難しかった大空間や斬新な外観デザインが実現可能な工法です。近年、大規模建築物の木造化が国により推進されていることを背景に、木造でありながら鉄骨造に引けをとらない強度と機能性を併せ持つことが評価され、店舗や高齢者施設などの非住宅分野でも需要が高まっています。大規模建築物(※3)に対応する部材も充実し、天井高さも最大4 m(※4)まで対応が可能。木造でありながら、店舗や施設で必要とされる広い空間を実現できます。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, 木造, 大規模建築物, 商業施設, 耐震, テクノストラクチャー, 大空間, トラス構造, 新商品

カテゴリ
製品技術・開発
業種
建設業製造・メーカー不動産業
この企業の新着リリース

パナソニックの一体型LEDベースライト「iDシリーズ」が累計出荷台数2,000万台を突破

パナソニックが藤沢エリアにライフスタイル共創型のコミュニティショップをオープン

パナソニック創業100周年記念「クロスバリューイノベーションフォーラム」開催のお知らせ


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.