40%軽量化に成功。介護用途にも対応した腰用パワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」を発売〜過酷な作業現場で得た知見を、介護現場にも活用
パナソニックグループ

2017年12月21日 10時30分
1/2ページ

腰用パワーアシストスーツの新モデル「ATOUN MODEL Y」
拡大



株式会社ATOUN(本社:奈良県奈良市、社長:藤本弘道、以下ATOUN)は、自社の現行モデル(※1)から重量を40%軽量化(※2)した腰用パワーアシストスーツ(※3)の新モデル「ATOUN MODEL Y」を2018年4月に発売します。

新モデル「ATOUN MODEL Y」の開発にあたっては、現行モデルのユーザーの意見をもとにゼロから設計と制御を見なおし、金属製フレームの樹脂化や、モータやバッテリーの小型化などに取り組んだ結果、40%の軽量化を実現しました。同時に、採用部材の汎用化や組立工程の簡素化などにも取り組んだことで、大幅なコストダウンも実現し、導入コストを大幅に低減いたしました。

現行モデルはおもに建設や物流、工場、農業といった現場で使用されてきましたが、そこで得た知見をもとに精度や耐久性の面にも配慮して改善を重ねました。その結果、新モデル「ATOUN MODEL Y」では、装着感がさらに向上するとともに、なめらかな動作を可能とし、高い機動性を備えたアシストを実現しています。こうした特長を生かし、ATOUNでは今後、介護領域での利用も提案してまいります。

なお、「ATOUN MODEL Y」の先行予約の受付は、2017年12月21日(木)より開始いたします。(※4)

また、日本市場に先がけて、海外での新モデル「ATOUN MODEL Y」の試験導入も決定しています。すでに香港の大手建設会社、金門建築有限公司(英名:Gammon Construction Limited.)と基本合意書を交わしており、2018年2月から同社の現場で10台が試験導入される予定です。(※5)

金門建築有限公司CEOトーマス・ホー氏のコメント:



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

産業機器, その他 - 事業分野別, 新製品・サービス, アトウン, アシストスーツ, プレスリリース, ロボット, サポート, 海外, 福祉

カテゴリ
製品技術・開発業績報告
業種
製造・メーカー物流・運輸建設業
この企業の新着リリース

積水樹脂とパナソニックが暑さ対策システムの共同開発に合意

屋外用ミスト式冷却機「グリーンエアコン」を製品化

7月より『パークナードテラス 桜区大久保』分譲開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.