共働き世帯の負担軽減サポート 家事代行のベアーズ、ご家庭のお悩み55.9%の料理を代行します 「自炊」「中食」「外食」に続く、新たな選択肢
株式会社ベアーズ

2017年12月20日 11時00分
1/3ページ

家事代行のベアーズ
拡大
>>



2017年10 月で創業19 年目を迎えました、株式会社ベアーズ(本社:中央区日本橋蛎殻町、代表取締役社長:高橋健志)は、高まる料理代行ニーズに対応し、ご家庭の料理を代行いたします。

【背景】
女性就業率を表すM字カーブは年々上昇傾向にあり、1997年を境に、共働き世帯が専業主婦世帯を上回りました。女性の社会進出を背景に、家庭の家事負担を減らす家事代行・家事支援サービスの需要は急速に拡大しており、経済産業省によると、市場は今後約6,000億円まで成長すると予測されています。なかでも最近注目されているのが、「料理代行」であり、「自炊」「中食」「外食」に次ぐ第4の選択肢として、徐々に市場に浸透しています。

しゅふJOB総研が2017年4月に発表した『家庭で時間を短縮したいこと』をテーマとしたアンケート調査によると、「家庭で時間がとられて負担なので短縮したい」ことの第1位は、55.9%で「料理」。
第2位「掃除、片付け」、第3位「洗濯」、第4位「買い物」と続きますが、 フリーコメントの記載をみると、食器洗いや台所掃除、食材の買い出しなど、料理とセットで行われるものが多く占め、料理にまつわる家事負担が、非常に大きいことが伺われます。
(出典:prtimes.jp)

【ベアーズの取り組み】
累計190万サービスを提供し、業界トップクラスの顧客を保有するベアーズにおいても、毎年20%以上のペースで料理代行のご利用が増加していることを受け、ベアーズでは料理代行サービスの強化を行っております。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

家事代行, 家政婦, ベアーズ, 料理代行, 作り置き

カテゴリ
サービス
業種
サービス業
この企業の新着リリース

ピンなのか?キリなのか? 家事代行頂上決戦!ベアーズとDMM Okanが番組で対決!

高まる料理代行ニーズに対しサービス拡充 家事代行のベアーズ サービスサイトを全面リニューアル

“働き方改革”は『暮らし方改革』から 家事代行のベアーズ、法人会員の動き 〜 アバナード社、ベアーズ特別法人会員へ入会 〜


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.