ITとOTの連携でシステムの安定稼働を支える 他: 遼子が行く!Hitachi Social Innovation Forum 2017 Tokyo
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)

2017年12月21日 17時00分
1/3ページ

◆ITとOTの連携で多様なシステムの安定稼働を支える  [Connected by Lumada 第3回]
拡大
>>



2017年11月開催の「Hitachi Social Innovation Forum 2017 Tokyo」。会場でキーパーソンにインタビューし、その様子をWebマガジン「Hitachi IoT Platform Magazine」にて順次公開しています。ご来場いただいた方も当日お越しになれなかった方も、ぜひ、ご覧ください。


◆ITとOTの連携で多様なシステムの安定稼働を支える  [Connected by Lumada 第3回]

経営課題の解決と新たな価値創出を図るべく、IT(Information Technology)とOT(Operational Technology)を連携・融合する動きが、ビジネスや公共分野など幅広い領域で加速しています。IoTがさらに進展し、情報システムがますます複雑化していく上で、システムの安定稼働と効率化はとても重要です。こうしたシステムの安定稼働を支える、日立の『総合システム運用管理「JP1」』と『システム稼働リスク可視化ソリューション』について説明してもらいました。
www.hitachi.co.jp


◆働き方改革を支える先進の「生産性向上」の仕組み [WORKSTYLE INNOVATION 第2回]

「働き方改革」の推進に不可欠なのが、従業員が高い生産性を発揮できる仕組みです。日立グループでは、先進のソフトウェアロボット技術やAI技術を活用して、ビジネスパーソンの生産性向上を高度にサポートするソリューションを多彩に開発しています。今回はその代表選手である、RPA、AIなどを活用した業務の自動化ソリューションについて、日立ソリューションズ、日立システムズの担当者が語ります。
www.hitachi.co.jp





続きを読む(1/3ページ)

キーワード

IoT, Lumada, JP1, 設備保全, 報告書自動作成, リスク可視化, AI, RPA, 業務自動化, 工数削減

カテゴリ
調査・報告告知・募集
業種
IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

【特集】人工知能 〜リアルな業務現場で使える、現実解としてのAIソリューション〜 [日立]

NTT西日本、日立が長崎県五島市にICTを活用した鳥獣害対策システムを導入[日立]

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の市場動向とメリット【IDCコラム】[日立]


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.