「グランドデザイン・大阪都市圏」成果発表会 学生と大阪府との連携プロジェクト
学校法人近畿大学

2017年12月15日 15時00分
1/2ページ

中間報告会の様子
拡大



近畿大学法学部(大阪府東大阪市)林 晃大(はやし あきとも)ゼミ(行政法)の学生が、平成29年(2017年)12月22日(金)に、大阪府庁咲洲庁舎において大阪府との連携プロジェクトの成果発表会を行い、新しい大阪のまちづくりについて提言します。

【本件のポイント】
●「グランドデザイン・大阪都市圏」の具体化に向け、学生の意見を反映させ、多角的な視点からより良いまちづくりを実現させる
●行政の取組みを学ぶ場を学生に提供
●学生が行政のプロジェクトに積極的に携わることで、地域に対して貢献する

【本件の概要】
近畿大学法学部の林晃大ゼミ(行政法)は、平成29年(2017年)9月より、大阪府と連携しながら、大阪府の策定した行政計画「グランドデザイン・大阪都市圏」の実現を目指してフィールドワーク等を通じた調査研究を行ってきました。同計画に基づく都市空間の創造について、学生目線の意見を取り入れ、より多角的な視点からその実現を目指します。
この度、12月22日(金)に行う連携プロジェクトの成果発表会内において、同プロジェクトに参画した学生たちが、「グランドデザイン・大阪都市圏」の実現に向け、様々な提言を行います。

【「グランドデザイン・大阪都市圏」の概要】
大阪府が平成28年(2016年)に策定した行政計画で、2050年を目標に、関西大環状道路の範囲内を大阪都市圏として、人・モノ・情報・投資を呼び込める府域全体の都市空間創造を目指し、圧倒的な魅力を備えた都市空間の創造を目的としています。

■日  時:平成29年(2017年)12月22日(金)10:00〜12:00



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

法学部, グランドデザイン・大阪都市圏, 成果発表会, 林 晃大, まちづくり, 行政, 大阪府, プロジェクト, 都市空間, 創造

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

血液検査で診断した肺がん遺伝子異常に対する薬剤の有効性を世界で初めて実証 血液検査で診断することで患者の負担を軽減

「なら近大農法」で栽培したバンビーナを初出荷 奈良県との連携事業「農の入口」モデル事業の一環として

「医学部オープンキャンパス 2018」を開催 小・中学生向け参加型特別プログラムも実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.