パタゴニア社 特別販売会 in 近畿大学 日本の大学で初!環境やフェアトレードについて考える機会に
学校法人近畿大学

2017年12月14日 15時30分
1/2ページ

フェアトレード キャンペーン
拡大



近畿大学生活協同組合(大阪府東大阪市)は、平成29年(2017年)12月20日(水)、21日(木)の2日間、特別販売会「パタゴニア製品を通して、環境配慮型製品とフェアトレードを考える」を実施し、学生、教職員向けに期間限定の特別価格で、パタゴニア製品を販売します。

【本件のポイント】
●イベントを通じて、パタゴニアの環境および社会的責任への取り組みを紹介
●環境に配慮した製品やフェアトレード製品を期間限定で学生と教職員に販売
●「あらたな消費のあり方」について考える機会を学生に提供

【本件の概要】
イベント「パタゴニア製品を通して、環境配慮型製品とフェアトレードを考える」は、アウトドア・アパレル企業のパタゴニア(本社:米国カリフォルニア州・ヴェンチュラ、日本支社:神奈川県横浜市)の協力で実施します。本イベントを通じて、オーガニックコットンやリサイクル素材を使った製品、フェアトレード製品を販売し、「あらたな消費のあり方」について考える機会を学生に提供します。

【パタゴニアの環境および社会的責任への取り組み】
パタゴニア社は、リサイクル・ポリエステルやオーガニックコットンを製品の素材として使用し、フェアトレード認証された工場で製品を製造するなど、環境に与える悪影響を抑える取り組みを行っており、海外の大学でも本イベントのような催しを行っています。

【フェアトレードについて】
発展途上国で作られた作物や製品を適正な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える制度です。

■日時:平成29年(2017年)12月20日(水)〜21日(木)10:00〜17:00



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

大学, 生活協同組合, パタゴニア, フェアトレード, 販売, 環境, リサイクル, 期間限定, 特別価格, イベント

カテゴリ
告知・募集製品
業種
官公庁・団体サービス業
この企業の新着リリース

近畿大学グローバルエデュケーションセンター開設 グローバル化に関する組織を一元化し、大学の世界的発展をめざす

“社会への実践”を重視した「情報学研究所」を開設 情報系新学部設置も視野に入れ、スタート

近畿大学体育会相撲部 新監督就任 新体制で全国学生相撲選手権大会 団体優勝を目指す


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.