パナソニックが「心地よいくらし」を考える『くらしネクストレポート』〜今回のテーマは自宅でのひとり時間
パナソニックグループ

2017年12月7日 16時00分
1/4ページ

120分のイエナカでじぶんリセット
拡大
>>


〜疲れを感じている人は約7割。軽減の秘訣は「120分のイエナカでじぶんリセット」〜


パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 宣伝・広報部 くらしネクスト事務局は、各界のプロと一緒に「心地よいくらし」について考え、これからのトレンドを発信する『くらしネクストレポート』を2017年10月より開始しました。
前回は家族のコミュニケーションについて調査し、家族関係の満足度の秘訣を考えました。

▼くらしネクスト「家族コミュニケーション」
sumai.panasonic.jp 

今回は、家の中で自分だけのために使っている時間=「じぶん時間」に焦点を当て、30代から60代の一般男女420人に対して調査をしました。
近年、最高の休息法とも言われる「マインドフルネス(※1)」が注目を集めています。今回の調査で「マインドフルネス」という言葉を聞いたことがあると答えた人は約3割程度ではあったものの、大手上場企業の研修で取り入れられたり、書籍が多く販売され始めたりと、これからさらに広がっていくと予想できます。その背景として、現代人が自身のストレスや疲れに向き合い始めたことが考えられます。今回の調査でも、「ふだんの生活の中で疲れを感じている」と回答した人は約7割に上りました。
※1: マインドフルネスとは、 “今、この瞬間の体験に意図的に意識を向け、 評価をせずに、とらわれのない状態で、ただ観ること”と定義される休息法



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

住宅関連, イベント・キャンペーン, じぶん時間, リラックス, 休息, マインドフルネス, 疲れ, 家の中, 過ごし方, ストレス

カテゴリ
調査・報告その他
業種
不動産業サービス業
この企業の新着リリース

ミラノサローネにてパナソニックの「Air Inventions」が『Milano Design Award 2018 ベストテクノロジー賞』を受賞

パナソニックが高周波治療器「コリコラン」を題材にした新作狂言動画を公開〜狂言師 能村晶人氏、河野佑紀氏が出演

ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ」UN-10E8を発売


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.