【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.204 熊本の復興はまだまだ時間がかかります。熊本県民のシンボルである熊本城も昔の姿に戻るには相当の時間がかかることでしょう。仮設住宅での生活がスタートして必要となってくるのが物置です。今回のレポートは仮設住宅向けに納入させていただいた物置の話です。
杉田エース株式会社

2017年10月12日 17時00分
1/2ページ

【物置】施工写真1
拡大
>>



建築金物の総合エンジニアリング企業である杉田エース株式会社では、50,000アイテムにおよぶ様々な建築金物、建築資材を取り扱っています。その一部である最新納入例をご紹介します。

【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.204
www.sugita-ace.co.jp


今回の案件は、地元で大変にお世話になっている建材店様からのお話です。仮設住宅41戸に、物置を設置するというものでした。商品だけでなく設置工事も当社にお願いしたいとの事でした。

東日本大震災の際、仮設住宅が完成すると物置の需要が高まったことは報道等でながれていたので、今回も同様なケースと捉え、仮設住宅完成後、追跡調査を行い、どこの会社へアプローチすれば物置の受注ができるか?ということをずっと考え営業活動をしていました。その成果として今回の案件をキャッチすることとなったのです。

問題点をまとめると
熊本や大分は熊本大地震以降、復旧、復興工事が急ピッチで行われていたため、職人の数が全く足りないという状況にありました。物置は設置したいけど職人がいないのです。

そこで私は、熊本に赴任する前の福岡の職人さんを手配すればなんとかなるのではないかと考えたのです。以前の人脈を頼りにいろいろと相談させていただき、やっと職人さんの確保ができました。工事は約4日間。自動車で移動すれば福岡から熊本まで、約1時間半かかるのですが、効率が悪いので宿泊してもらい工事に専念していただきました。そして見事に工事が完了したのでした。

成約できたポイントをまとめると



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

物置, 熊本大地震

カテゴリ
製品
業種
建設業小売・流通
この企業の新着リリース

杉田エースとnendoが手がけた最新作 宅配ボックス「oitec(オイテック)」のスペシャルエキシビジョンを開催します。10/25〜11/6

【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.203菖蒲パーキングエリアは、埼玉県久喜市にある首都圏中央連絡自動車道(圏央道)のパーキングエリアです。外回り、内回り各107台の駐車スペースがあります。今回は、点字鋲を300本と線鋲744本納入させていただきました。

【納入事例レポート】あ、ここにも杉田エース!Vol.202 宅配業者の過酷な勤務状況が社会問題化しています。再配達を少なくするために、いわき市にあるアパートでも宅配ボックスを設置することとなりました。タッチパネル方式のスチール宅配ボックスを納入させていただきました。


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.