地震発生! ライフラインのLPガスを止めない! ツネイシCバリューズ ホームエネルギー部が危機管理研修訓練を実施
ツネイシCバリューズ株式会社

2017年10月2日 16時00分
1/3ページ

グループ演習を議論するBチーム
拡大
>>



LPガスは、大災害時に最も早く復旧が期待されるライフラインのひとつ。火災を起こしにくく安全で、簡単に運べ、非常時の点検も短時間で済み、迅速な復旧が可能です。このため、避難所や仮設住宅などですぐに使え、東日本大震災では他の都市ガスや電力などに比べ早期に復旧し、大活躍しました。

ツネイシCバリューズ(本社:広島県福山市沼隈町能登原2488-9、代表 取締役社長:綿谷伸二)ホームエネルギー部は9月25日(月)、直下型巨大地震が起きても、地元に供給するLPガスを止めないための研修訓練を実施しました。LPガスは、地域の復興生活を支える温かい食事や風呂をはじめ、タクシーなど自動車に欠かせない燃料なだけに、ホームエネルギー部の8人は、本番さながらの緊張感と強い当事者意識を持って研修訓練に臨みました。

訓練は、災害発生直後から鳴り続けるお客様からの電話応対をはじめ、被害確認・点検のためのお客様訪問、LPガス在庫・供給確認など実施すべきことを考え、起きそうな障害を予測し、緊急時の実効性を高める対策を検討しました。また、想定問答やチェックリストの作成・活用など、効果的な施策について説明を受けました。 

参加者からは「災害が発生したときに何をどうすれば良いか分からなくなるが、訓練していけば、落ち着いて行動ができると思う」などの感想が寄せられました。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

BCM研修訓練, 危機管理, ホームエネルギー, ライフライン, LPガス, 避難場, 事業継続, ツネイシCバリューズ, 自動車, 地域復興

カテゴリ
調査・報告
業種
サービス業
この企業の新着リリース

ツネイシCバリューズ 「船員労働災害防止優良事業者(1級)」に認定

ツネイシCバリューズ セルフ福山大門サービスステーションがJXTGエネルギー「2017年度全国優秀SS感謝式」にて、セルフ部門「総合賞」を受賞

ツネイシCバリューズが子どもの職場参観日を開催


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.