【パナホーム】工業化住宅業界初 新概念の換気・空調システム『エアロハス』の採用住宅を拡大〜「空気の質」を究めた健康・快適なくらしを提案
パナソニックグループ

2017年8月8日 15時00分
1/2ページ

『エアロハス』の採用でエアコンや垂壁が無くなり、すっきりと広がるダイニング
拡大



パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:松下 龍二)では、2017年4月新発売の戸建住宅のフラッグシップ商品「カサート プレミアム」に標準装備した、工業化住宅業界初(※1)新概念の換気・空調システム『エアロハス』の採用住宅を拡大。8月より、制震鉄骨軸組構造の「カサート」シリーズにもオプションで展開を図ります。

『エアロハス』は、パナソニックの「専用エアコン+換気システム」による換気・空調システムで、家中を快適な温度に保ちながら、自然の力(地熱)の活用と各室を温度センサーで制御することにより、快適性と省エネを実現し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)(※2)の対応も容易にします。

『エアロハス』は、2017年4月の新発売以降、7月までに約60棟を受注。当初目標(年間100棟)の過半を4カ月で達成し、進捗率は180%に及んでいます。発売後の商談・受注結果から、住宅の購入を検討されているお客さまに、空気環境に高い関心をお持ちの方が多いことが伺えます。

『エアロハス』を採用いただいたお客さまからは、同システムの特長である、
1)家の中の温度ムラが少ない温度バリアフリーと好みに応じた部屋ごとの温度調整
2)花粉はもちろん、PM2.5(※3)や、さらに細かいPM0.5(※4)にも対応できる空気浄化能力(※5)と、こだわりのカビ対策(高い除湿能力で夏場も快適、空調OFFでもダクト内のカビを抑制)
3)地熱利用、各室温度調整、高断熱な建物 等による光熱費の低減



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

住宅関連, プレスリリース, 新製品・サービス, 技術・研究開発, 空調, 健康, エネルギー, ZEH, 省エネ, パナホーム

カテゴリ
製品告知・募集技術・開発
業種
不動産業サービス業建設業
この企業の新着リリース

パナソニックが「東京2020パラリンピック応援イベント」を大会2年前となる2018年8月25日(土)、26日(日)に開催

国立大学の学生寮整備「大阪大学箕面新キャンパス学寮施設整備運営事業」の事業契約締結について

三井不動産グループとパナソニックグループによる台湾初の分譲住宅共同事業「(仮称)三重中興橋プロジェクト」参画決定


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.