国立大学法人東京海洋大学との共同実験 〜電気自動車(EV)からの給電によるエレベーター動力利用の実証実験に成功!〜
横須賀市

2017年6月19日 15時00分
1/2ページ

給電中の電気自動車(EV)の様子
拡大
>>



横須賀市では、国立大学法人東京海洋大学に協力し、「電気自動車(EV)からの給電で建物のエレベーターが動かせるか?」について、久里浜行政センターにおいて、横須賀市が日産自動車(株)から借り受けている電気自動車(EV e-NV200)と行政センターに設置している電力制御装置(PCS)を利用した実証実験を共同で実施しました。

電気自動車(EV)からの給電は、事務室への照明・事務機器などの電灯電源として利用することができますが、さらに、エレベーターの動力電源としての利用の可能性を検証するための実験です。

実験結果は、エレベーターを問題なく動かすことができたことから、動力電源として利用可能であることが確認され、実証実験は「成功」しました。これにより、災害など非常時のエレベーター停止時に、電力電源として電気自動車(EV)を利用する実用化へ向けた第一歩となりました。

今回得られたデータやノウハウに基づき、今後、実用化に向けた研究・検討が進められることになり、横須賀市としても、電気自動車(EV)の様々な可能性に注目していることから、非常時や電力需要が高まる夏季の節電対策などでの活用も含め、引き続き、協力していきたいと考えています。

1.実施日時・場所
平成29年6月10日(土曜日)14時00分〜16時00分 久里浜行政センター
2.実施主体
国立大学法人東京海洋大学(三井住友建設(株)との共同研究)
3.実験内容
エレベーター内に重り400kgを置き、20kgずつ軽くしていき3階まで往復させ、電気自動車(EV)からの給電量やエレベーターへの電力負荷等のデータを取得
4.実験結果



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

国立大学法人, 東京海洋大学, 共同実験, 電気自動車, EV, エレベーター, 三井住友建設, 横須賀

カテゴリ
告知・募集
業種
官公庁・団体
この企業の新着リリース

「スマートダイエット講演会・教室」を開催します。-5キログラム※達成の実績!

迅速的確な消火・救助活動に対し中央消防署長から感謝状を贈呈

横須賀中央駅で放置自転車・バイククリーンキャンペーンを実施します


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.