学生が原子力の専門家とエネルギーミックスを考える 理工学部 エネルギー研究会「サイエンスカフェ」開催
学校法人近畿大学

2017年6月19日 14時00分
1/2ページ

昨年の様子
拡大



近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)の理工会学生部会のエネルギー研究会は、平成29年(2017年)6月24日(土)、東大阪キャンパスにて、「WiN-Japan 学生交流会-サイエンスカフェ」を開催します。原子力や放射線を取り扱う仕事に携わる女性の国際団体である、WiN-Japan(Women in Nuclear)から原子力の専門家を招き、学生と今後のエネルギーミックス(電源構成)について議論を交わします。

【本件のポイント】
●学生が、原子力の現場で活躍する専門家と議論し、最適なエネルギーミックスを考える
●将来、電力などのエネルギー分野での研究や就職を志望する学生が、エネルギーの現状を知ることで、今後の研究に役立てる
●電力会社ごとの発電方法の変遷や地域が持つ資源や気候の差異など、地域ごとの詳細な現状まで考慮した実践的な議論を行う

【本件の概要】
学生と原子力の専門家が4つの班に分かれ、学生が制作したシミュレーションゲームを使いながら、理想的なエネルギーミックスについて議論します。シミュレーションゲームでは、地域の電力需要に対して、学生が考えたエネルギーミックスでの発電量を入力すると、電力の安定供給性、CO2排出量、コストなどの評価が算出されます。進行は、学生が主体となって行い、WiN-Japanの専門家に意見・アドバイスを求めます。最後に各班がそれぞれの議論の成果を発表し、相互に意見交換を行います。
原子力の現場で活躍する専門家の意見に触れ、エネルギーミックスの実現可能性を考えることで、学生の今後の研究に役立てます。

■日  時:平成29年(2017年)6月24日(土) 13:00〜18:00



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

理工学部, エネルギー研究会, サイエンスカフェ, WiN-Japan, 学生交流会, 理工会学生部会, エネルギーミックス, 原子力, 専門家, 議論

カテゴリ
告知・募集
業種
サービス業官公庁・団体電気・ガス・水道・熱
この企業の新着リリース

新たな準結晶構造「青銅比準結晶」を発見 これまでの常識を覆し、新たな物質構造の可能性を提示

地域の小学生対象の天体観測会を実施 自然科学教室「さいえんす+(プラス)」

近畿大学 生物理工学部 公開講座『メタボ・ロコモ予防と運動の効果について:自分の健康は自分でつくる』『食中毒予防のサイエンス』


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.