オージス総研、スター精密との協業により、電池不要・無線通信のセンサーを利用した、食品工場IoTの実証実験を開始
株式会社オージス総研

2017年6月19日 11時00分
1/4ページ

IoT実証実験プラットフォームのイメージ
拡大



 株式会社オージス総研(本社:大阪市西区、代表取締役社長:西岡 信也)は、小型振動発電ユニットを研究開発中であるスター精密株式会社(本社:静岡市駿河区、代表取締役社長:佐藤 衛)と協業し、食品工場IoTの実証実験を開始しました。オージス総研とスター精密は、食品メーカーの掲げる目的の1つである「食品製造工程における生産性向上と商品の安定供給」に向け、先進的なIoTを利活用する支援を行っています。

 オージス総研とスター精密は、「振動発電ユニットの準備、製造機器へのセンサーの設置」 から、「収集したデータをクラウドにセキュアに送信、データ分析の実施」 までに対応した IoT実証実験プラットフォーム を構築しました。構築においては、製造装置を停止することなく、センサーの設置から、クラウドへのデータ蓄積開始を、1箇所につき1時間程度で完了させました。

 今後は、製造装置からのデータの蓄積を継続しながら、製造装置の異常予兆検知に取り組んでいく計画です。

■本IoT実証実験プラットフォームの特長
・振動発電ユニットに加え、無線通信規格「EnOcean(エンオーシャン)(※1)」を用いたIoTセンサーで、電池レス・無線によるセンシングを実現している点

・エッジ側に配置するIoT中継機に、汎用品を採用してコストを押さえつつも、システムインテグレートの豊富な経験を活かして、セキュアおよび安定的にデータを収集し、クラウド(アマゾン ウェブ サービス、以下AWS)に蓄積している点



続きを読む(1/4ページ)

キーワード

IoT, 電池レス, 無線通信, 製造工程, 生産ライン, 生産性向上, 安定供給, クラウド, データ分析, アナリティクス

カテゴリ
サービス
業種
IT
この企業の新着リリース

株式会社アグニコンサルティングの全株式取得に関するお知らせ

オージス総研、IoTネットワーク「Sigfox」の取り扱い開始〜KCCSのSigfoxインテグレーションパートナーに〜

【開催報告】オージス総研、株式会社神戸デジタル・ラボと共同で、情報セキュリティ競技会「06 Hardening」を実施 〜サイバー攻撃からECサイトを守る競技会で疑似体験〜


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.