「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」の次世代型マンション〜体感型モデルルームでスマートタウンの次世代のくらしを提案
パナソニックグループ

2017年6月15日 16時00分
1/3ページ

【Tsunashima SST】次世代型マンションの体感型モデルルームでSSTの次世代のくらしを提案
拡大
>>



Tsunashima SST協議会(代表幹事:パナソニック株式会社(以下、パナソニック)、野村不動産株式会社(以下、野村不動産))は、Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン(所在地:神奈川県横浜市港北区綱島東 以下、Tsunashima SST)内の次世代型マンション「プラウド綱島SST」のモデルルームにおいて、住戸に標準配備されるIoT機器を活用した住まい方や、Tsunashima SSTのまちづくりコンセプトを、プロジェクションマッピングやデジタルサイネージなどパナソニックの空間演出ソリューションを活用し提案します。

パナソニックと野村不動産は、「住まいをコントロールするデバイス」として、パナソニック製プライベート・ビエラ 住宅機器コントローラー(マンションHA連携モデル)の活用を共同で推進し、各住戸に標準配備します。これは持ち運び可能な一つのデバイスで、住戸内のどのエリアからでもテレビ視聴、インターホン応答(応答中に共用玄関の解錠可能)、住戸玄関の施解錠、お風呂のお湯張り、リビングエアコンなどの制御、エネルギー情報の見える化を実現します。住宅機器コントローラーから、機器操作メニューの画面設定をカスタマイズすることで、ボタン一つでエアコンや照明(オプション設定)を一括OFFにするなど、忙しい日常のシーンに合わせた使い方も可能となります。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

住宅関連, 企業・法人向けソリューション, 受注・納入, 電気・建築設備, スマート, 綱島, 社会, , 横浜, まちづくり

カテゴリ
サービス告知・募集
業種
建設業製造・メーカーサービス業
この企業の新着リリース

防犯優良マンションに対応「光害配慮型 軒下用LEDシーリングライト」を発売

パナソニックセンター大阪が民泊向け住空間展示をリニューアル〜空き家を活用し、日本文化が体験できる”民泊リフォーム”を提案

パナソニックが「映像空間ライブ配信ソリューション」の実証を開始〜没入感のある迫力の360度映像の遠隔配信による、新たな視聴体験の実現をめざして〜


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.