家事代行サービス分野 国家戦略特区 ベアーズ 東京都にて第1号となる外国人家事支援人材受け入れ 6/14 フィリピンから2名来日
株式会社ベアーズ

2017年6月14日 14時00分
1/3ページ

家事代行のベアーズ
拡大
>>



創業18 年目を迎えた、株式会社ベアーズ(本社:中央区日本橋蛎殻町/代表取締役社長:高橋健志)は、6月14日付けで、国家戦略特別区域家事支援外国人受入事業に従事する外国人スタッフを東京都で初めて受け入れましたことを発表いたします。

【背景】
女性の社会進出や高齢化社会を背景に家庭の家事負担を減らす家事代行・家事支援サービスの市場規模は急速に拡大しています。経済産業省によると、市場は今後約6,000億円まで成長するといわれており、名目国内生産性(GDP)目標2020年600兆円の牽引役の1つとも予測されています。
また一方で、お客様のニーズは拡大に伴い成熟・多様化しており、在留外国人の方のご利用やお子様の外国語教育等の観点から海外人材を望む声が多く聞かれるようになりました。

今後、家事代行がますます“暮らしのインフラ”として求められていく中、ベアーズは幅広いニーズに対応するため、2016年8月に神奈川県・大阪府、2017年2月に東京都の3都府県にて、事業者認定を取得しております。

【来日スタッフの教育・サポート体制・サービス開始について】
今回来日したスタッフは、女性2名で東京都での採用となります。スタッフ2名はフィリピンでメイドとして勤務実績があり、フィリピン労働雇用省技能教育技術開発庁(TESDA)認定機関での所定の家事支援訓練を修了しており、日本語での会話も可能です。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

家事代行, ベアーズ, 国家戦略特区, 家事支援, 外国人, フィリピン

カテゴリ
企業動向業績報告
業種
サービス業
この企業の新着リリース

“働き方改革”を『暮らし方改革』でサポート!家族に夫婦にもっと時間を! 家事代行のベアーズ、初のハッシュタグキャンペーン「ありがとうフォトリレー」実施

ベアーズ、家事代行会社初、アメリカン・エキスプレスと提携 〜ご利用に応じてポイントが貯まり、マイルや特典との交換・ポイントでの支払いが可能!〜

がんと共生する社会づくりへの取り組み ベアーズ「ライフネットのがん保険 ダブルエール」にパートナー参画 がん罹患者様向け 家事代行サービスを開始!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.