農学研究科の大学院生による、新入生向け研究発表を開催 学部・キャンパスの垣根を越えた交流の機会を創出
学校法人近畿大学

2017年6月9日 14時30分
2/3ページ

本専攻に所属する大学院生は、化学と生物学を融合し、種々の生命現象と向き合う裾野の広い研究を行っています。しかし、大学入学から間もない多くの新入生は、「大学院には興味はあるが、どんな研究を行っているのかわからない」というのが実情です。本シンポジウムは、新入生が日々の講義や実験の意義を理解し、大学カリキュラムに主体的に取り組むきっかけを与える教育的波及効果や、大学院進学への動機付けになることが期待できます。一方、奈良キャンパスで研究する大学院生にとっても、交流の少ない他学部の学生や大学院生との質疑応答を通じて、自身の研究を別の角度から検証し、今後の研究方針を構築する良い機会となります。

■日時:平成29年(2017年)6月17日(土)13:30〜17:00
■場所:近畿大学 ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)1F 実学ホール
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬駅」から徒歩約10分)
■対象:近畿大学生、院生(150人程度が参加予定)

【発表会プログラム】
13:30〜13:35 開会挨拶(近畿大学大学院農学研究科応用生命化学専攻 教授 森山 達哉)

13:35〜14:35 研究成果発表
(1)トポイソメラーゼIIとヒストン脱アセチル化酵素に対するdual inhibitorの合成と評価
      (農学研究科応用生命科学専攻 2年 生命資源化学研究室 早川 眞矢)
(2)摂食法を用いたRNA干渉技術によるヤマトシロアリの分化制御
      (農学研究科応用生命科学専攻 2年 森林生物化学研究室 浅井 源二郎)
(3)昆虫pH感受性塩素チャネルの遺伝子発現と薬剤感受性
      (農学研究科応用生命科学専攻 2年 生物制御化学研究室 奥原 大樹)
(4)糸状菌が生合成するアルカロイドの昆虫のリガンド開口型塩素チャネルに対する作用機構
      (農学研究科応用生命科学専攻 2年 生物制御化学研究室 橋本 杏樹)
(5)Tricholoma matsutakeの菌床栽培技術の検討
      (農学研究科応用生命科学専攻 2年 食品微生物工学研究室 原 健人)

14:35〜14:45 休憩

14:45〜15:45 研究成果発表
(6)Pleurotus salmoneostramineusにおけるターゲット遺伝子破壊技術の検討
      (農学研究科応用生命科学専攻 2年 食品微生物工学研究室 魚川 岳登)



続きを読む(2/3ページ)

キーワード

農学部, 大学院, 農学研究科, 研究発表, ACADEMIC THEATER, 発表会, 応用生命化学専攻, 交流, 他学部, 新入生

カテゴリ
告知・募集
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

ベトナムで課題解決型インターンシップを実施 現地の学生と協力し、ベトナムでの芳香剤シェア拡大を目指す

近畿大学×永和信用金庫 学生目線でインターンシップの企画を提案

近大マンゴー「愛紅」を千疋屋で販売 8/19・20 千疋屋総本店 日本橋本店にて試食販売も実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.