世界初!光暗号通信に応用可能な、円偏光発光(CPL)の回転方向と色をスイッチングできる色素を開発
学校法人近畿大学

2017年6月9日 05時00分
1/5ページ

新しいキラル有機蛍光色素 円偏光発光(CPL)の回転方向と色(波長)をスイッチング
拡大
>>



近畿大学理工学部の今井喜胤准教授、横浜国立大学大学院工学研究院の伊藤傑助教、淺見真年教授らの共同研究グループは、映画館などで3D映像を映し出す際に使われる「円偏光」の回転方向と色(波長)を同時に切り替える「スイッチング」機能を持った円偏光発光(CPL)[注1]色素を開発しました。3D映像は左回転・右回転の光の回転方向が異なる2種類の映像を同時に映すことで立体的に見せる仕組みであり、回転方向の制御が重要な要素となっています。また、CPLはセキュリティ分野などの次世代光情報技術への応用が期待されています。従来のCPL色素は、スイッチングの際に見た目の光の色や強さが変わってしまう性質がありましたが、今回の新色素では、見た目の光はそのままに、CPLの回転方向と色(波長)を同時に切り替えることに世界で初めて成功しました。将来的には、光ファイバー通信において、見た目では判別できないスイッチングによる2種類の光を利用して、通信内容を暗号化して保護する次世代セキュリティ技術への応用が期待されます。
本成果は、平成29年(2017年)6月8日(英国時間)に英国王立化学会誌「Chemical Communications」のオンライン版で公開され、掲載誌の裏表紙(Back cover)に選出されています。なお、本研究は、科学研究費助成事業若手研究(B)(課題番号 15K17441)、科学研究費助成事業基盤研究(C)(課題番号 15K05489)、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(2014?2018)の支援のもとに行われました。

【掲載誌】Chemical Communications(インパクトファクター:6.567、2015年)



続きを読む(1/5ページ)

キーワード

理工学部, 横浜国立大学, 色素, 開発, 今井喜胤, 円偏光発光, CPL, スイッチング, 伊藤傑, 淺見真年

カテゴリ
技術・開発CSR
業種
サービス業官公庁・団体
この企業の新着リリース

ベトナムで課題解決型インターンシップを実施 現地の学生と協力し、ベトナムでの芳香剤シェア拡大を目指す

近畿大学×永和信用金庫 学生目線でインターンシップの企画を提案

近大マンゴー「愛紅」を千疋屋で販売 8/19・20 千疋屋総本店 日本橋本店にて試食販売も実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.