アドホック通信技術を活用したメッセージング機能のサービス性評価と災害時の安否確認サービスの実用性評価のためのフィールド実証実験の開始
株式会社仙台放送

2017年6月12日 10時00分
1/3ページ

仙台放送ニュースアプリ・TOP画面の「メッセージ」アイコンから試験搭載のメッセージング機能「AirBaton(仮)」が利用可能
拡大
>>


被災地で産まれた通信技術で産学連携による災害に強いまちづくりをめざす


株式会社仙台放送(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:竹内 次也、以下仙台放送)は、統合型アドホック通信技術である「スマホdeリレー®※」を利用したメッセージング機能のサービス性評価や災害時の安否確認サービスの実用性評価のためのフィールド実証実験を、国立大学法人東北大学(以下、東北大学) 、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、株式会社構造計画研究所(以下、構造計画研究所)と共同で、2017年6月12日(月)仙台市市民防災の日から実施いたします。
※「スマホdeリレー®」は東北大学と構造計画研究所の登録商標です。

「スマホdeリレー®」とは、東北大学が研究開発し、構造計画研究所が実用化したアドホック通信技術に、ドコモのアドホック通信技術「Adhoc Communication SDK」を統合した通信技術で、ドコモと構造計画研究所が共同開発したものです。
当機能はモバイル通信網が機能しない場合でも、端末のWI-FIやBluetoothの電波を使用して、リレー方式でメッセージを伝達し、安否情報をやり取りすることができ、災害時の通信への活用が期待されています。

この度、仙台放送が運営するニュースアプリに「スマホdeリレー®」を試験的に搭載し、オフライン状態でも利用できる1対1のメッセージ送受信、複数人によるメッセージ送受信、googleパーソンファインダーと連携した安否情報サービス機能を実証実験向けに開発。



続きを読む(1/3ページ)

キーワード

災害時, メッセージ, アプリ, 実証実験, アドホック通信, 安否確認, オフライン, 災害に強い通信, 謎とき, スマートフォン

カテゴリ
技術・開発
業種
IT
この企業の新着リリース

LiLiCo、鳥居みゆき、トミドコロが続々参加表明!「東北・みやぎ復興マラソン2017」今年10月1日初開催

仙台放送とYahoo! JAPANとGYAO、情報バラエティ番組「仙臺いろは増刊号」で紹介された施設の情報を「Yahoo!地図」アプリで提供、「GYAO!」で番組無料配信開始。番組で紹介した施設の一覧を「Yahoo!地図」アプリで表示。放送内容を知りたい場合は、アプリから「GYAO!」で番組を無料視聴可能に。

仙台放送製作の長編ドキュメンタリー映画『僕がジョンと呼ばれるまで』(Do You Know What My Name Is?)が2014年12月よりニューヨークとロサンゼルスで同時に劇場公開!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.