【Customer Stories】予兆診断サービス:予兆診断などにより、年間の故障発生率を約70%削減[日立IoTプラットフォーム Lumada]
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)

2017年5月29日 17時00分
1/2ページ

【Customer Stories】予兆診断サービス:予兆診断などにより、年間の故障発生率を約70%削減[日立IoTプラットフォーム Lumada]
拡大
>>



日立IoTプラットフォーム「Lumada」を活用し、経営課題を解決したカスタマーストーリーをご紹介します。

■予兆診断サービス
〜日立は、予兆診断などによりガスエンジン発電設備の年間の故障発生率を約70%削減。この価値を幅広いお客さまの機械設備へ。〜

日立では、全国のお客さまのプラントやオフィス、ショッピングモールや病院といったさまざまな施設へ「ガスエンジン発電設備」を提供しています。このガスエンジン発電設備が突然停止すればお客さまの事業に影響を及ぼすことはもちろん、復旧には高価な部品費の他、多くの保守要員が動き、さらには停止分の電力購入費など多大なコストが発生。もし故障が重大で致命的な場合には、経営にダメージを与えかねません。

しかし故障の防止へ万全を期すほどに、問題の有無を問わず部品を一定期間で交換し、また保守・点検作業はベテランの属人的な力量に負う部分が多いため効率化することも難しく、この定期保守のためのコストもお客さまの負担となっていました。

稼動率の向上と保守コストの低減という、相反するお客さまの課題を一挙に解決するためにIoTという言葉もまだ珍しかった2007年、日立はガスエンジン発電設備の予兆診断の実現に取り組みます。・・・

▼続きはこちら
www.hitachi.co.jp


◆IT・ビジネス視点でお役に立つ有益なコンテンツがきっと見つかる!◆
 「Hitachi IoT Platform Magazine」はこちら
www.hitachi.co.jp





続きを読む(1/2ページ)

キーワード

日立IoTプラットフォーム Lumada, 予兆診断サービス, 保守, 稼動率向上, 低コスト, 機械設備, 予防, ビッグデータ, IoT, 日立製作所

カテゴリ
告知・募集製品
業種
IT製造・メーカー
この企業の新着リリース

【Lumada Customer Stories】営農支援:地理空間情報の技術で収穫の各作業段階で情報を共有、作業効率を引き上げる[日立]

新規事業戦略の土台となるITの4つの役割 ― 事業開発者・リーダーのためのITトレンド理解と実践講座 (2) ―[日立]

デジタルビジネス時代、“従来型の運用管理”は通用しない?「運用管理でビジネスに寄与する」ための第一歩とは?[日立]


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.