妊婦さんが過ごしやすい社会づくりへの取り組み 日本交通・JapanTaxiほか14社による 『陣痛タクシープロジェクト』に参画
株式会社ベアーズ

2017年5月11日 13時00分
1/6ページ

家事代行のベアーズ
拡大
>>


〜10万円の出産応援ギフトを同時リリース〜


2016年10 月で創業18 年目を迎えました、株式会社ベアーズ(本社:中央区日本橋蛎殻町/代表取締役社長:高橋健志)は、このたび、日本交通株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:知識賢治、以下日本交通) と、日本交通の子会社であるJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川鍋一朗、以下JapanTaxi)が、2017年5月11日(木)より、企業14社とともに発足する、妊婦さんをサポートする「陣痛タクシープロジェクト」に参画いたします。

【陣痛タクシープロジェクトとは】
「陣痛タクシー」は、2012年5月より日本交通が提供しているサービスです。お迎え場所・かかりつけ病院・出産予定日などを事前に登録することで、通院時や陣痛時に慌てず、簡単にタクシーを呼ぶことができるため、多くの妊婦さんに支持され、2017年3月時点の累計登録者は約12万人となりました。リリース丸5年となり、いまや東京都内の妊婦さんの30%が登録されています。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所が2017年4月に公表した「将来推計人口」では、1人の女性が生む子どもの数が今と変わらない場合、人口は2053年には1億人を割り、65年には2015年比3割減の8,808万人になることが予想されています。少子化が急速に進展する日本において、女性が子どもを産み、育てやすい環境を整えることが社会的に求められています。



続きを読む(1/6ページ)

キーワード

家事代行, ベアーズ, 日本交通, JapanTaxi, 陣痛タクシー, 出産応援, おそうじ美人

カテゴリ
製品CSR
業種
サービス業
この企業の新着リリース

“働き方改革”を『暮らし方改革』でサポート!家族に夫婦にもっと時間を! 家事代行のベアーズ、初のハッシュタグキャンペーン「ありがとうフォトリレー」実施

ベアーズ、家事代行会社初、アメリカン・エキスプレスと提携 〜ご利用に応じてポイントが貯まり、マイルや特典との交換・ポイントでの支払いが可能!〜

がんと共生する社会づくりへの取り組み ベアーズ「ライフネットのがん保険 ダブルエール」にパートナー参画 がん罹患者様向け 家事代行サービスを開始!


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.