gii.co.jp 「橋梁用FRP材の世界市場の予測 〜2021年:繊維・樹脂・製造プロセス・用途・橋梁タイプ・地域別」 - 調査レポートの販売開始
株式会社グローバルインフォメーション

2017年4月12日 16時00分
1/2ページ



2017年04月12日

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「橋梁用FRP材の世界市場の予測 〜2021年:繊維 (ガラス繊維・炭素繊維)・樹脂 (ビニルエステル・ポリエステル)・製造プロセス・用途・橋梁タイプ・地域別」 (MarketsandMarkets発行) の販売を4月12日より開始いたしました。

【 商品情報 】
橋梁用FRP材の世界市場の予測 〜2021年:繊維 (ガラス繊維・炭素繊維)・樹脂 (ビニルエステル・ポリエステル)・製造プロセス・用途・橋梁タイプ・地域別
FRP Bridge Market by Fiber Type (Glass Fiber, Carbon Fiber), Resin (Vinylester, Polyester), Manufacturing Process (Pultrusion, Hand Lay-Up), Application (Deck, Girders, Rebars), Bridge Type (Vehicular, Pedestrian), Region - Global Forecast to 2021
● 発行: MarketsandMarkets
● 出版日: 2017年04月07日
● ページ情報: 141 Pages
www.gii.co.jp

当レポートでは、世界の橋梁用FRP材の市場を調査し、市場の定義と概要、市場成長への各種影響因子および市場機会の分析、マクロ経済の動向、繊維タイプ・樹脂タイプ・製造プロセス・用途・橋梁タイプ・地域/主要国別の動向と市場規模の推移と予測、競合環境、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

第1章 イントロダクション
第2章 調査手法
第3章 エグゼクティブサマリー
第4章 重要考察
第5章 市場概要
第6章 マクロ経済概要・主要動向
第7章 市場分析:繊維タイプ別
第8章 市場分析:樹脂タイプ別
第9章 市場分析:製造プロセス別
第10章 市場分析:橋梁タイプ別
第11章 市場分析:用途別
第12章 地域分析
第13章 競合環境



続きを読む(1/2ページ)

カテゴリ
調査・報告
業種
鉱業建設業
この企業の新着リリース

gii.co.jp 「飼料用マイコトキシン解毒剤(結合剤・改質剤)の世界市場-2022年までの予測:反すう動物、豚、家禽類、水生動物」-調査レポートの販売開始

gii.co.jp 「ハイブリッド接着剤・ハイブリッドシーラントの世界市場 〜2022年」 - 調査レポートの販売開始

gii.co.jp 「高分子安定剤の世界市場 - 2022年までの予測:酸化防止剤、熱安定剤、光安定剤」 - 調査レポートの販売開始


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.