神原ロジスティクス、AEO認定書交付 〜神戸税関管内初の「特定保税承認者」「認定通関業者」同時認定〜
神原ロジスティクス株式会社

2017年1月27日 17時00分
1/2ページ

神戸税関高木隆税関長(右)より認定書の交付を受ける神原ロジスティクス宮ア裕司社長(左)
拡大
>>



神原ロジスティクス株式会社(本社:広島県福山市箕沖町109番5、代表取締役社長:宮ア裕司)は、2017年1月17日付で、神戸税関長よりAEO制度に基づく「特定保税承認者」及び「認定通関業者」として承認・認定を受け、同25日に神戸税関にて認定書交付式が行われました。
「特定保税承認者」及び「認定通関業者」の同時認定は全国で2例目、神戸税関管内では初となります。

AEO(Authorized Economic Operator)制度とは、米国同時多発テロに端を発し高まった世界的な貨物管理厳正化の要請を受け、セキュリティ管理とコンプライアンス体制の整備が優良と認められる業者に税関長が認定を与える制度です。
神原ロジスティクス社では、AEO制度の国際標準化を視野に、顧客により安心、信頼、高品質なサービスを提供するため、認定取得に向けた整備を行ってきました。

本年秋には、関税法改定による通関申告官署の自由化が予定されており、施行後はAEO認定業者に限り貨物の蔵置場所にかかわらず全国の港で通関業務が可能になります。
今後は、AEO制度を活用して福山港以外の地域への業務拡大に取り組み、サービスエリアを拡張する計画です。

■神原ロジスティクス株式会社について
本社所在地 :広島県福山市箕沖町109番5
代表取締役社長 :宮ア 裕司



続きを読む(1/2ページ)

キーワード

神原ロジスティクス, AEO, 神戸税関, 特定保税承認者, 認定通関業者

カテゴリ
企業動向
業種
物流・運輸
この企業の新着リリース

神原ロジスティクス NACCSと連携したデータ管理システムを導入〜より迅速な税関手続きを実現〜

神原ロジスティクス 熱中症対策として倉庫内にスポットバズーカを導入

神原ロジスティクス 福山物流センター周辺の清掃活動を実施


> 一覧を見る

News2u.net mobile 検索


リリース 企業名

画面上へ


News2u.netトップへ
News2u.net mobileについて


Copyright News2u Corporation All Rights Reserved.